セルフネイルのコツについて

ある調査で、ネイルサロンへ行く人は全体の1割に満たないというデータがありました。

 

やはりネイルサロンは料金が高い、時間がかかる、
そして日持ちがしないという理由からセルフネイルを選ぶ人が多いようです。

 

そしてセルフネイルでもコツさえ掴めば綺麗にネイルをする事は可能です。
ではセルフネイルを上手に塗るコツについて紹介したいと思います。
 

 

まずマニキュアを綺麗に塗るためには、面倒くさがらずにきちんと下準備をしましょう。

 

油分や水分、汚れが残っているとマニキュアはすぐに剥がれてしまいます。
そのためコットンにリムーバーをつけて爪の表面を綺麗に拭きましょう。

 

この時一緒に甘皮の処理もしておきましょう。
甘皮はネイルの邪魔になってしまいます。

 

そしてベースコートを塗り、自爪を乾燥から守ります。

 

マニキュアを塗る時の注意点は、
テーブルの上に手を固定させ利き手から塗っていきましょう。

 

上手に塗るポイントはマニキュアの量にあります。
ハケの先半分ぐらいが目安です。
何度も塗るとムラの原因になります。

 

中央→サイド→中央の順に躊躇わずにスピーディーに塗り、
最後に爪先の淵を塗ります。
淵を塗る事でマニキュアが剥がれにくくなります。
そして仕上げにトップコートを塗れば完成です。

 

次回もセルフネイルが上手に出来るようにマニキュアは冷蔵庫で保管する事をお勧めします。
冷蔵庫で保管すると湿度が適度にあり、
伸びがよくなるため塗りやすく、そしてマニキュアが乾く時間が短縮されます。